金利が低いカードローンを紹介します

MENU

リボ払いは長期に向かないことを早く知るべし!

リボ払いは一時的な支払いを回避できる『緊急手段』であり、『長期』では使用すべきものではありません!

 

長期で使用してしまうと、金利が高く、元金が減らないで借金地獄になってしまう可能性があります。

 

しかし、多くの人は、自分がリボ払いでどのくらいの金利を実際に支払っているかもよくわからないで払い続けているケースも多いのです。

 

自覚のないまま支払いをしている人は、まずは自分がどれだけリボ払いで『損』をしているのか気づくことから始めないといけません。

 

2、3回くらいの支払いで済むのであれば、リボ払いも悪くありませんが、やはり1年以上かかってしまいそうな場合は、早く対策をとらないといけません。

 

リボ払いは通常、年利18%〜15%前後をとっていることも多く決して安くはありません。

 

やはり18%前後の金利を取られている人は、出来るだけ早くリボ払いを終わらす方が得策です。

 

でも、すぐにリボ払いの残高を完済できないと思う場合は、やっぱり早めに借り換えを検討してみましょう。

 

今、銀行では借り換え専用のプランも多く用意されています。

 

銀行によっては専用プランがないケースもありますが、その場合もフリーローンで借り換えがOKというケースが多くあります。

 

かなり多くのリボ払いを抱えている場合は、なるべく借り入れ最高限度額が高く設定されている銀行を選ぶ方が良いでしょう。

 

通常は最高800万円くらいまで融資を行っている銀行が多いです。

 

借り換えによって返済が楽になる!

リボ払いを借り換えすることによって、毎月の返済による元本の減りが早くなることが、やはり一番のメリットです!

 

ただし、一点気を付けないといけないのは、『毎月の返済額は変わらないケースもある』ということです。

 

多重債務で、あっちこっちで返済をしている人にとっては、毎月一回で支払いは済ませられる借り換えは非常におススメですが、一社だけのリボ払いを借り換えた場合、これまでと特に支払いが変わらない可能性があるため注意が必要です。

 

やはり低金利の設定をしている銀行の中には、最低返済額が高めに設定されているケースもあり、借入金額によって変動します。

 

そのため、金利が安くても、最低返済額が高い銀行を選んでしまうと元本はこれまでよりも減るけど、毎月の返済額は変わらない・・・なんてことがあります。

 

元本を減らしたくて借り入れを希望していた人だったらそれでも問題ないと思いますが、『現在の支払いも楽にしたい』と思っている人は、金利の安さだけではなく、最低返済額も同時にチェックしておかないと、後になってから後悔する可能性があります。

 

最低返済額は、各銀行によって全く違ってきますので、金利だけを見ていると大変なことになってしまいます。

 

借り入れをする場合は、現在の返済額に比べて、借り入れした際の最低返済額も一緒にチェックしておくことをおススメします。

 

支払いが苦しくなってしまうと、金利がいくら下がっても、将来的に返済が難しくなってしまいます。

リボ払いから変更すべき金利が低いカードローン記事一覧

ソニー銀行のカードローンの年利は2.5%〜13.8%です。ネット銀行ならではの金利の安さに加えて、ソニー銀行の場合は『ATMの手数料が無料』という点がかなり魅力的です!特にセブン銀行とイオン銀行のATMは、『何度でも回数無制限で無料』!これは他の銀行ではなかなか見られないサービスです。コンビニATMまで無料になるカードローンは少ないので、コンビニATMをよく利用する人にとっては、ソニー銀行はかなり...

りそな銀行のカードローンは、年利3.5%〜12.475%です。利用限度額は最大800万円までです。りそな銀行のカードローンの特徴としては、『カードローンの種類が多い』という点です。通常、ほとんどの銀行では、スタンダードとちょっと審査が条件が厳しくなる代わりに金利が低くなるプレミアムコースの2種類を揃えているケースが多いです。しかし、りそな銀行では、目的別に合わせて『リフォームローン』『新規医院開業...

楽天銀行のカードローンは、年利1.9%〜14.5%です。比較的銀行系のカードローンの口コミの中では通りやすいと評判のため、審査に自信がない人にとっては、是非とも試してみたい銀行のカードローンの一つです。楽天銀行は、楽天市場でのショッピングをよく利用する人にとっては、非常に便利で、楽天ポイントをショッピング利用できるのは勿論、楽天銀行の振込み手数料もポイントで消費できる優れもの!カードローンの利用で...

じぶん銀行のカードローンは、年利1.9%〜12.5%です。じぶん銀行は、あまり知名度がないネット銀行なので、「本当に大丈夫か?」と怪しむ人もいると思いますが、低金利を売りに最近は知名度も広まってきています。実はじぶん銀行は、『KDDI』と『三菱東京UFJ銀行』の共同出資から誕生したという背景があり、実はすごく堅実な銀行なんです。住信SBIのように、バックにしっかりした会社や銀行がついているので、知...

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは年利1.8%〜14.6%です。最高金利は、よくある数字なので、それほど魅力はありませんが、バンクイックの場合は、最低金利が年利1.8%と非常に安いのが魅力です。各銀行のプレミアムプランになれば、珍しくない数字ですが、基本のカードローンでこれほど安い金利がつくのは非常に珍しいです。ただし、新規の契約をした時には、借入金額にもよりますが、大体の場合、最初は最高金利での...

住信SBIネット銀行のMR.カードローンは、年利1.89%?7.99%。限度額最高1,000万円と、みずほ銀行と同じく業界最高水準を保っているのが非常に特徴的です。金利も非常に安いことから、高額の借り入れをしても安心です。おまとめ利用や借り入れに最適なカードローンです。ただし、最低金利を適用してもらうには、いくつかの条件があります。まず、【SBI証券口座保有登録済みであること】【住信SBIネット銀...

みずほ銀行カードローンのコンフォートプランは、年利3.5%〜14.0%。限度額200万円までは収入証明書が不要です。そして、みずほ銀行のカードローンの特徴は、『WEB完結申込』が出来る事です。ただし、WEB完結申込はみずほ銀行に普通口座を持っている人が対象です。既にみずほ銀行に口座を持っている人にとっては非常に簡単です!来店も郵送も必要もないので、簡単に手続きができるのは嬉しいメリットです。WEB...

イオン銀行のカードローンBIGは、年利3.8%〜13.8%。最高800万円まで融資が可能で、専業主婦も借りれます!イオンはスーパーを利用する専業主婦にとっては使い勝手がよく魅力的です。消費者金融では総量規制の影響で、無収入の専業主婦に対しては貸し付けをできなくなってしまいましたが、総量規制の影響を受けない銀行のカードローンは、今でも専業主婦が借りられる安心感があります。更に、イオン銀行では、既に口...