じぶん銀行はauユーザーにおススメです

MENU

年1.9%〜 12.5%

じぶん銀行のカードローンは、年利1.9%〜12.5%です。

 

じぶん銀行は、あまり知名度がないネット銀行なので、「本当に大丈夫か?」と怪しむ人もいると思いますが、低金利を売りに最近は知名度も広まってきています。

 

実はじぶん銀行は、『KDDI』と『三菱東京UFJ銀行』の共同出資から誕生したという背景があり、実はすごく堅実な銀行なんです。

 

住信SBIのように、バックにしっかりした会社や銀行がついているので、知名度はそれほど高くないかもしれませんが、非常に安心です。

 

やはりバックに有名企業や大手の銀行がついているとなると、「ちょっと借りてみようかな」と思いますよね。

 

じぶん銀行のカードローンは、ネット銀行ならではの低金利で、最高金利でも12.5%と非常に魅力的です。

 

リボ払いでは、なかなか12%台の金利は見られませんので、じぶん銀行のカードローンだったら、最高金利を適用されても、それだけでかなり金利が安くなる可能性があります。

 

また、カードローンの金利というのは、長く使い続けて、実績を作っていくことによって、どんどんと金利が落ちてきますので、じぶん銀行のカードローンを使い込んで、金利を低くしておくと、リボの借り換えをした時にもっと役立つ可能性があります。

 

最高金利もそこそこ安いので、金利が更に下がれば、一桁も夢ではありません。

 

スタンダードプランであれば、同じくネット銀行の住信SBIよりも安い金利です。

 

auユーザー限定はお得!

そして、じぶん銀行のカードローンの最大の特徴は、auユーザーは最大金利0.5%優遇という点です。

 

これは先にも説明しましたが、じぶん銀行のバックに『KDDI』がいることが大きく影響しています。

 

共同出資者である『KDDI』がいることで、auユーザーはカードローンで得が出来ます!

 

じぶん銀行のカードローンは、最高800万円まで借り入れることもできますので、auユーザーで借り入れを考えている人は、じぶん銀行のカードローンがおススメです。

 

もともと、じぶん銀行のカードローンは金利が安いので、そこから0.5%を引いてもらえるのはかなり大きいです!

 

同じネット銀行の住信SBIでも、条件を満たせば金利の優遇がありますが、金利の優遇のためには『住宅ローンを利用していないといけない』【クレジットカードを作らないといけない】など、なかなか面倒な決まりが多いため、実際に行動にうつせる人は限られています。

 

その点、じぶん銀行のカードローンは、auユーザーという低いハードルなので、実際に行動にうつしやすいのがメリットだと思います。

 

やはりいくら安くなるとういっても、あまりにも面倒な条件は障害になってきます。

 

特に住宅ローンの利用などを条件にされてしまうと、多くの人は困ってしまうと思います。

 

借り手の足元を見たような交渉で、あんまり良い気分はしませんよね。

 

じぶん銀行のカードローンは、金利を安くしやすい条件なので、負担が少なく魅力的です。

 

関連ページ

ソニー銀行
ソニー銀行のカードローンの金利は?
りそな銀行
りそな銀行のカードローンはお急ぎの人におススメ!
楽天銀行
楽天銀行のカードローンの特徴は?
三菱東京UFJ銀行のバンクイック
三菱東京UFJ銀行のバンクイックをチェック!
住信SBIネット銀行のMR.カードローン
金利の安さを追求するなら住信SBIネット銀行のMR.カードローン!
みずほ銀行のコンフォートプラン
みずほ銀行のカードローンは大手の安心感!
イオン銀行のカードローンBIG
イオン銀行は主婦におススメ!