バンクイックは主婦と学生の利用は注意が必要です

MENU

金利年1.8%〜年14.6%

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは年利1.8%〜14.6%です。

 

最高金利は、よくある数字なので、それほど魅力はありませんが、バンクイックの場合は、最低金利が年利1.8%と非常に安いのが魅力です。

 

各銀行のプレミアムプランになれば、珍しくない数字ですが、基本のカードローンでこれほど安い金利がつくのは非常に珍しいです。

 

ただし、新規の契約をした時には、借入金額にもよりますが、大体の場合、最初は最高金利での借り入れになることが多いので、バンクイックの14.6%というのは、最初の時にはそれほど旨みを感じない可能性があります。

 

リボ払いの金利も、14%前後ですと、結構適用されていることも多いので、リボ払いからの借り換えをする労力を考えると、少し微妙なところがあります。

 

やはり金利は、長く使用していると落ちてくることもありますので、新規でいきなりリボ払いの借り換えで利用するよりも、何度か借り入れを繰り返して実績を作り、金利を下げてもらってからリボ払いの借り換えに利用した方が使える可能性が高いです。

 

バンクイックは、銀行のカードローンの中では、最高金利が他の銀行に比べて、ちょっと高いので、最高金利を適用された場合は、あまり得になりません。

 

そのため、バンクイックをリボ払いの借り換えで利用をする時には、ちょっと注意が必要です。

 

下手をしたら、リボの金利と大して変わらないなんてこともありますので、金利が下がるまでまずは使い続けてみてから使用するほうが良さそうです。

 

学生と主婦は利用限度額有

そして、バンクイックのもう一つの特徴としては、学生や主婦にもお金を貸しているところです。

 

ただし、バンクイックでは最高500万円まで借り入れることができますが、学生は10万円、主婦は30万円以内の利用限度額があります。

 

やはり収入がない学生と主婦は、それなりのお金しか借りれないようになっています。

 

ただし、学生と主婦にもお金を貸している実績があるカードローンとしては非常に魅力的です。

 

総量規制の消費者金融では、学生の場合はアルバイトをしていれば、OKのこともありますが、専業主婦で収入がない人はどうやっても借りることが出来ませんので、そういう意味では、やはり銀行のカードローンは、専業主婦にとって大きな救いの手と言えます。

 

ただし、バンクイックのように、専業主婦にも積極的に貸し出している銀行と、消極的な銀行がありますので、主婦の借り入れはかなり難しい部分があります。

 

やはり専業主婦に対して消極的な貸し出しをしている銀行はありますので、バンクイックのように、積極的に受け入れている銀行を利用した方が安心です。

 

また、銀行によっては専業主婦の場合は、世帯主の同意が必要となるケースもありますが、バンクイックの場合は身分証明書だけで借りることができますので安心です。

 

ただ、旦那さんにカードローンを内緒にしている場合、万が一払えなくなってしまった時に、大変なことになりますので、デキれば主婦はカードローンの利用は事前に旦那さんに相談しておく方が何かあった時に安全です。

 

関連ページ

ソニー銀行
ソニー銀行のカードローンの金利は?
りそな銀行
りそな銀行のカードローンはお急ぎの人におススメ!
楽天銀行
楽天銀行のカードローンの特徴は?
じぶん銀行
じぶん銀行のカードローンとは?
住信SBIネット銀行のMR.カードローン
金利の安さを追求するなら住信SBIネット銀行のMR.カードローン!
みずほ銀行のコンフォートプラン
みずほ銀行のカードローンは大手の安心感!
イオン銀行のカードローンBIG
イオン銀行は主婦におススメ!